2017年03月25日

和音の話

昨日はメジャーコードとマイナーコードの組み立てについて記したつもりです。まずはその復習。

ルート音(根音)から数えて長3度 5度(実はこの5度を完全5度と言います。まだ説明してません。)の音を重ねるとメジャーコードができます。

ルート音(根音)から数えて短3度 5度(完全5度)の音を重ねるとマイナーコードができます。

以上です。

それでは先に進みますね。

ハ長調の曲において主要3和音と呼んだとき、C F G の3つのコードを指します。

Cのコードはもうみなさんご存知のドミソの和音でございます。

Fのコードも組み立て方がわかっているはずです。ファラドの和音でございます。

Gのコードも同様にして、ソシレの和音でございます。

これを順にトニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコードと呼びます。

ハ長調におけるトニックコードはC、ハ長調におけるサブドミナントコードはF、ハ長調におけるドミナントコードはGといった具合でございます。

音階上の根音の並びからⅠⅣⅤという記号を使って表記することもあります。

これが仮に調性が変わりト長調つまり ソラシドレミ♯ファソ の音階上であればトニックコード(Ⅰ)はGコード(ソシレ)ですし、サブドミナントコード(Ⅳ)はCコード(ドミソ)、ドミナントコードはDコード(レ♯ファラ)ということになります。調性がよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。ひとまず楽譜上の音部記号(ト音記号やヘ音記号など)の後に♯や♭がついているかどうかで判断することだけをお知り置きください。

上記の補足として仮にハ短調であった場合トニックコード(Ⅰ)はCmコード(ド♭ミソ)、サブドミナントコードはFmコード(ファ♭ラド)、ドミナントコードは本来ならGmコード(ソ♭シレ)実際はGコード(ソシレ)となることが多い。

この短調におけるドミナントコードは音階のルールとも絡んでややこしいのですが、短音階では導音(音階の最初の音へ導く音の意味:1個手前の音=ハ短調ではシ音)にフラットが付いたり消えたりします。そうゆうものだとご理解ください。

ようやくこれでコード進行の基礎につながります。

ルール①トニックコードは始まりの和音です。サブドミナントへもドミナントへも進めます。

ルール②ドミナントコードは落ち着きません。トニックコードへ進みたい。

ルール③サブドミナントコードは落ち着きません。トニックコードまたはドミナントコードへ進みたい。

以上。簡単でしょ。さすがにこれで終わりはしませんが、これが原理原則。次回はもう少し掘り下げます。
posted by Pー龍 at 11:36| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

一番大好きな曲

人それぞれ好きな曲ってあると思います。
ボクの場合1番好きな曲は越天楽今様でございます。

これが歌となると男はつらいよのテーマでございます。

一番というのを除けてしまうと、MALTAさんのXYZとか好きです。
MALTAさんは心の師匠っつうかホントの師匠の大学時代の同級生なんだそうですけどね。
お会いした時に師匠の名前出してご挨拶できたことがちょっと嬉しかった。

椎名林檎さんのカバーした木綿のハンカチーフも好きです。
淡々と歌い上げる歌詞が心にしみます。オリジナルもいいけど、林檎さんがいい。

Sex Pistols の anarchy in the U.K.も好きです。東京ライブ見に行ったくらいピストルズが好き。
ちなみにジョン・ライドンに全盛期当時の呼称ジョニー・ロットンで武道館3列目から呼びかけたら文句言われた。
お腐れジョニーは嫌なんだってさ。
posted by Pー龍 at 23:12| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和音の話 昨日の復習から

さて、昨日は音楽理論の基礎の基礎に当たる音名を紹介しました。
以下並べて表記してみます。

イタリア音名 ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

英米音名   C D E F  G A B C

ドイツ音名  C D E F  G A H C
(ドイツ音名の呼び方はツェーデーエーエフゲーアーハーツェーとなります。)

日本音名   ハ ニ ホ ヘ  ト イ ロ ハ

これらはすべてピアノで言えば白い鍵盤に当たります。

昨日は英米音名とコードネームの類似性を指摘し、ここがポイントであると終えました。

そこを説明しましょう。いわゆる和音とは複数の音が鳴る状態です。誤解を招くかもしれませんが一旦3つの音が鳴っている状態だと理解していただければよいと思います。2つでも4つでも20個でも和音なんですけど、基本は3つの音が鳴っている状態であると理解してください。

☆和音のシンプルな構成ではルート音、3度の音、5度の音から成ることをこれから説明します。

音の違いを数えるときによく半音違うとか全音違うとかの表現があります。これに近い概念として、ドの音とミの音は3度ずれています。ドの音とソの音は5度ずれています。ド音に対して3度上の音と言われたときはミ音です。同じようにド音に対して5度上の音といわれたときはソ音です。これも実はもっと補足説明しなきゃいけない要件があります。厳密に言えばド音に対してミ音は長3度上の音ということになります。短3度という表現もあります。この辺はあとで説明しますね。

数え方は同じ音を1度と数えます。数学では同じ数字の差はゼロですが、音楽の世界では同じ音の差は1度です。そうゆうものとしてご理解ください。

ドレミファソ
1234 5

上の並びでご理解いただけますでしょうか?

ド音から3度上となるとミ音 ミ音から3度下となるとド音なわけです。

小学校の音楽の授業でドミソの和音って表現を聞いた覚えがきっとありますよね。これこそ和音の基本形です。

このドミソの和音のうち、ド音をルート音あるいは根音と呼んだりします。根っこの音というニュアンスですね。

真ん中のミ音は3度の音 上のソ音は5度の音です。

ここまで理解できればあとはルート音を変えていけばどんどんコードが作れます。

この辺りで勘の良い方はご理解いただけたかもしれません。Cのコードがドミソの和音ならDのコードはレファラになりそうですよね。実はちょっとここに落とし穴があります。

先ほど3度の説明で長3度、短3度と2つ紹介しました。ド音とミ音は長3度の関係であると。

ピアノの鍵盤をイメージしてください。ドからミの間に黒鍵盤は2つありますよね。白い鍵盤もあわせれば5つ目の音と言うことになります。

レ音からファ音まではというと黒鍵盤は1つだけ、白い鍵盤を含めても4つ目ですよね。この関係を短3度と呼んで長3度とは区別しています。

実際の音を聞いてみればわかるのですが、どこか物悲しい響きとなります。つまりこれがDm(Dマイナー)コードなわけです。メジャーコードには3和音の時は何も記号は付けませんが、マイナーコードではmを付けて区別します。

ではDのコードはと言いますと3度の音(ファ)を半音上げれば作れます。レ ♯ファ ラ の組み合わせとなります。

いわゆるコードネームのアルファベット部分はルート音を示しているわけです。前回ポイントだと言った部分はこれに該当いたします。

明日は主要3コードⅠⅣⅤの組み立てを紹介しましょう。それぞれトニック、サブドミナント、ドミナントと言います。コード進行の基礎となります。      
posted by Pー龍 at 19:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。